当前位置:ホーム > 風景区の景色 >

三元宮

発行元:花果山景勝地管理所  
三元宮は花果山三元宮殿建築群の中心にあって、浮き彫りの棟梁が備えって、たくさんの宮殿が並んでいます。記事によると、それは唐時代に建設され始めて、宋に立て直し、明時代に皇帝の勅によって拡大されて、大人気になりました。後は清時代に何度も修理さました。1938年が日本軍に空襲され、翌年日本軍は山狩りのときそれが燃やされました。「文革」後、明の建築の風格に基づいて修復し、現在、海寧禪寺を主体としての廟の建物群が徐々に形成されてきました。今の山門と「勅賜護国三元の宮」の横額は、明代の遺物です。そして、三元宮正門の右側古い松は、宋代に残されたものです。庭園に植えた2本の銀杏の木はすでに一千一百年に過ごしました。
------分隔线----------------------------