当前位置:ホーム > 風景区の景色 >

九龍橋

発行元:花果山景勝地管理所  

九龍橋という名は九つの谷川が九つの舞竜のように周りから橋の下に集中するという由来です。その時代にみんな龍は神であると信じで、この橋に集まって龍の寿気を取ってから、山に入って仏に拝見し、家族の平安幸福を祈ります。そのため、九龍橋も万寿橋と呼ばれました。伝説で花果山にはそもそも十つの龍がいて、外族の侵略を防止するために、一番強い龍を東の山に派遣し、ここを見守ります。現在、山東荘には禿龍山があり、そこには相対にしている泉があって、それは伝説龍の耳です。橋に登って南に眺めて、遠くに見える村は山東荘です。

九龍橋のそばに一本の千年銀杏があり、その太い枝を橋の身に割り込んで、橋の下に木陰は観光客に休み納涼の理想的な場所を提供しています。

------分隔线----------------------------