当前位置:ホーム > 風景区の景色 >

花果山の山門

発行元:花果山景勝地管理所  

花果山の山門は四つの石制の雄獅子に守られていて、これは花果山の特徴を十分に表しています。すなわち、虎がいない山において、猿は王になる。花果山は孫悟空のふるさとであり、虎がいれば、猿たちは安定に生活できなくなります。

ご覧の通り、正門の真上に孫悟空の像があって、『西遊記』において孫は唐僧の代わりに呉承恩の筆もとに第一キャラクターとして、成果をとって、如来に『闘戦勝仏』という地位を与えられました。北門の真上には唐僧を主とする四人の取経チームの浮き彫りがあります。彼らは妖怪が満ちる道を知った上、命をかけてインドへ行って経典を取得して来ました。

広場の周辺における石猿はそもそも花果山の迎賓猿である。そもそも108匹であり、36天罡と72地煞と暗喩するが、完成してから、不思議に一匹が多くなりました。工事者に聞いて、倉庫に備える一匹は寂しくてたまらないので、こっそりその中に入ったと答えました。そのため、現在計109匹があります。

山門の裏側の横額において「東勝神州」という四つの文字があって、これは中国書法協会代主席である沈鵬先生が書かれていただいました。『西遊記』における記述がまだ覚えていますか。「東勝神州の海外にはある国があって、それは傲来国と呼ばれます。国の近くに海があって、それは花果山と呼ばれます。」呉承恩は文書の始まるところに花果山の地理位置と海中の島の特徴を明確しました。

------分隔线----------------------------