花果山風景区は、国家の重要な景勝地、国家AAAAAレベルの観光地、国家風景区文明風景観光地のデモサイト、全国文明景勝地創建部門、全国青年文明号、国家重点景勝地高度なユニットの総合的な改善である先進観光地、中国のトップ10観光地、外国人に対して、最も価値がある50の観光地金メダル、国家の ゴールデンウィーク旅行直接報告点と国家大気質予測システム点です。

花果山風景区は連雲港市に位置して、江蘇省の東北部、海を渡って日本と朝鮮半島と相隣し、東は黄海、西は中原、北は齊魯、南は江淮と相隣します。面積84.3平方キロメートル、いくつかの重複ピークがあり、だいたい136ピークがあり、玉女峰は624.4メートルの海抜、江蘇省で最も高いピークです。

花果山は『西遊記』中の人物、孫大圣の実家ですので、有名になりました。世界的に有名な猿王の神話に周知のため、国内外でも有名です。古来から「東海第一脳の美しい風景」と 「海内四つの霊山の一つ」― 花果山に、古い木、水ゴボゴボ、花の香り、サルの遊びや奇妙な洞窟などがあります、野生植物資源が非常に豊富で、医薬品情報資源を含む植物種は1700種類以上あり、その中は1190種を持っています、ジン翔優菊、古銀杏などは非常に珍しい、国内希少の木種と古い貴重な木です。 "西遊記"の物語と関連付けるの孫悟空の出産地―娲遗石、水帘洞、及び72洞、唐僧崖、猪八戒石、沙僧石などは鮮やかな形の誕生地です。

花果山の文化的景観は、長い歴史があり、文化遺産は非常に重いです。明代30年、皇帝朱翊钧は、「天下に有名な寺院」を花果山の三元寺」に授与しました。花果山の神々の尊敬を表すために、康熙帝の「遥镇洪流」花果山の玉女峰の山頂に刻まリました、。毛沢東主席は死んだ前に、『西遊記』について、いろいろ研究しました、今、「孫猿の家は新海市(現在は連雲港市)です」と言う記念碑は「毛公碑」と言われます。

豊かな自然景観と素晴らしい歴史と文化、奇妙な風景、カラフルな神話や伝説、『西遊記』のブリリアント描画は花果山に不思議な魅力を与えました。